WAR HORSE

缶の絵に惹かれて、何の予備知識も無く買ってしまった煙草である。

バーレー主体の土臭い着香煙草だ。煙草らしい煙草という印象である。

もっとも、煙草らしいという印象は甚だ個人差のある感想で、喫茶店などで喫んでいても関心を引かない香りと言ったほうがわかりやすいかも知れない。

ナッツ系の仄かな甘味とペリックの酸味がある。バーレーキックはさほど強くないが、しっかりとした重みがある。オトナな煙草という感じだ。

いつもどおりRCMで吸ったが、本当ならこれは、使い古した汚いコーンパイプとか、黒々と曇ってグレインもはっきりしなくなったブライヤーとかで吸うと、雰囲気が出る煙草だ。

缶のデザインと中身の煙草は、往々にしてかなり印象が乖離している場合があるが、この煙草については、このデザインはこの煙草を巧く表現しているように思う。

それにしてもこの缶のデザイン、格好良くないか?

パッケージ・デザインというのは重要だ。

Still Life with Meerschaum

パイプ喫煙 趣味のページ

0コメント

  • 1000 / 1000