約2ヶ月経過

シャンク部分は物凄く強く色付いて来た。

ボウル部はまだまだ白い印象だが、肉眼で見ると写真に写っているよりかなり黄色い。

豹柄のようなまだら模様は、繊維の層がかなり立体的に浮き出てきて、奥深くから色が染み出して来ているかのように見える。ボウルの底部からシャンクにかけて、くびれの後ろは灰色がかった影のような着色で、あまり鮮やかではない。

ボウルとシャンクとの境や、くびれの部分は、くっきり区分されて色が変化して来ている。

やはりこの部分が乖離しているのは、スモークチャンバーの境となっている為か?

さて、そろそろ変化が乏しい時期に突入するようである。次はまた1ヶ月後、8月に入ってからの報告となる予定。

Still Life with Meerschaum

パイプ喫煙 趣味のページ

0コメント

  • 1000 / 1000